FC2ブログ
 
■プロフィール

nfm2012

Author:nfm2012
NFMは、道北の森林・林業に携わる志ある若者をつなぎ、現行制度やフレームに縛られない道北の林業や森林利活用を研究し、実践していくことを目的としています。
 参加条件は、自分が所属している組織や参加者の所属する組織に関係なく話し合いができることのみです!!
 詳細の問い合わせ、もしくは参加希望の場合は、northforestmeeting *gmai.comまでお気軽にどうぞ。(お手数ですが、送信の場合はアドレスの*を@に変えて下さい。)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第8回開催結果報告
12月1日に第8回NFMミーティングを開催しました。

今回は4月に開催した第6回「広葉樹の銘木を生産しよう!」の続編です。
前回に選木した広葉樹を伐倒して、北海道大手の製材会社の購買担当と旭川の家具作家さんを講師に招き
理想的な採材について現場で意見交換をしました。
造材する山側を「川上」、製材して木材を使用する側を「川下」と言いますが、
川下の人たちが川上の伐採現場に来て、採材を一緒にするという事はかなり希少価値の高い事だと思います。

まずは、集合場所の室内にてNFMのボスから今回の趣旨説明。

・現在の日本の林業・林産業は買い手産業になっている。
・伐倒木の用途が不明瞭で、山側で採材を決められない。
・現在は、広葉樹が「銘木」か「雑木」の2分類しかない。しかし、ニーズを把握すれば無駄のない木材利用ができて、
 今は「低質材」としか分類されていないものの中に、「並材」や「良材」が取れるのではないか。

と言った説明がありました。
少ない資源で持続的に林業をするために、少しの無駄をもなくし、適正な価値と価格を決めたい!!
というのが、今回の勉強会の趣旨です。

いつも通り熱意あふれるボスの説明に引き込まれ時間を忘れ、現場についたら昼近くなっていました。
腹が減っては戦はできぬので、まずは暖を取りながら腹ごしらえ。

そして、午後からはいよいよ意見交換会開始。
まずはハリギリ

ハリギリ1

・元口から3mの所に節があるので、2.8mで切った方が良いか3.0mで切った方が悩みました。
 結果、2.8mで切ったところ節からの腐れも止まっていたので、1等材となりました。
・2番玉は、節があるため3等ですが、1番玉とセットにすることで価値が出ると講師よりアドバイスがありました。

PC010197-s.jpg

・3番玉は、当初は原材料かと判断されましたが、現在ハリギリは市場でも少ないので、1番玉とセットにすれば4等にもなるかもしれないとの事でした。

ハリギリ3番

次は、ダケカバ

PC010202-s.jpg

PC010211-s.jpg

・1番玉は元口から2.6mのところに大きな曲がりがあるため、2.6mで切り、直材にしました。
 その他に欠点はあまりなく1~2等と判断されました。

・ダケカバは産地により、木口に黒い点が入ることがありこれが欠点となることがあるそうです。
 2番玉の元口にも点がありましたが、芯に近く特段の欠点にならない点から2等と判断されました。

カバ2

造材する立場の参加者から、
「原料材に交ぜて出しているものでも、良材等になる可能性がる。
 ぼったくられている可能性もあるかもしれないが、それがわからない。」
との意見がありましたが、講師からは
「確かに、昔はそのような事例もあった。
 でも、現在は国産の広葉樹の材自体が枯渇している。
 川上と川下がwin-winの関係でなければ、持続的に取引ができない。
 そのためには、信用のある取引が必要。」
との話がありました。

時間の都合で2本しか伐倒と採材ができませんでしたが、
参加者からは、
「川上側から見れば明らかに原料材にされてしまうような材であっても、同じ個体から採られた直材とセットにすることで共木としての価値があるため、売り方・見せ方で価値を高めることができることが分かった。」
「欠点のある材であっても木の個性として面白みがあるという川下からの声もあり、直ちに原料材と判断してしまう川上とのミスマッチも明らかになった。広葉樹材のうち良材・並材に光をあてるためには、今後川上が川下のニーズを把握すること・川上が採材を意識し、その目を養うことが重要であることが分かった。」
等の感想がありました。

スポンサーサイト
開催結果 | 23:55:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。