FC2ブログ
 
■プロフィール

nfm2012

Author:nfm2012
NFMは、道北の森林・林業に携わる志ある若者をつなぎ、現行制度やフレームに縛られない道北の林業や森林利活用を研究し、実践していくことを目的としています。
 参加条件は、自分が所属している組織や参加者の所属する組織に関係なく話し合いができることのみです!!
 詳細の問い合わせ、もしくは参加希望の場合は、northforestmeeting *gmai.comまでお気軽にどうぞ。(お手数ですが、送信の場合はアドレスの*を@に変えて下さい。)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第9回開催結果報告
8月31日に、第9回NFMミーティングを開催しました。

今回の焦点は林況調査です。
各組織で林況調査における問題はマチマチで、
市町村では、補助金のための標準地調査になりがちという悩みもあり
国有林では、長方形標準値プロットとビッターリッヒ方が正式な調査方法として採用されていますがなかなか精度が怪しかったり
演習林ではこれまで、正式な地林況調査方法がなかったり
伐採等を実行している事業体は、林況調査の実行する機会がなかったりと様々です。

そこで、どのような方法が最も効率的で精度が良いのかを検討するために
造林地全ての立木を継続して調査している、北海道大学天塩演習林の歌内長期観察林をお借りして実証してみることにしました。
歌内演習林


今回、採用した調査方法は北海道大学天塩演習林で採用されている鋸谷式を応用した円形抽出プロット調査。
これは、一定の半径の円内にある立木の直径と樹高を調査して、その林分を評価する方法です。
今回は、樹高を計る測管を用いて調査をしました。
天塩演習林では、造林地の面積に合わせて、円の大きさと何点取るかを決めているとの事です。
この調査方法の利点は、造林木以外の樹種が侵入して来ていても、どのくらい侵入しているのかばらつきまでわかるという点です。
方形区のプロットを設定して調査する場合、それをどこの場所にするかで結果が大きく変わってしまいますが、
円形抽出プロットの場合は、例えば「200歩で1点調査をする」というように決めておけば、造林地内を無作為に調査することできます。
円形抽出プロット

もう一つの調査方法は、国有林で採用されているビッターリッヒ法です。
これは、その昔、オーストリアのビッターリッヒさんが考えた方法ですが、
自分の親指を使ってできるのが利点で、理論は難しいですが調査の実行は簡単にできます。
しかし、難点は樹種が針葉樹と広葉樹の2種類にしか分けれられず、樹種数の多い林地を樹種ごとの割合まで調べたいときに使えない点です。
ビッターリッヒの説明

調査後に、室内で座学を実施し現地調査の結果を考察しました。

スポンサーサイト
開催結果 | 23:09:40 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。