FC2ブログ
 
■プロフィール

nfm2012

Author:nfm2012
NFMは、道北の森林・林業に携わる志ある若者をつなぎ、現行制度やフレームに縛られない道北の林業や森林利活用を研究し、実践していくことを目的としています。
 参加条件は、自分が所属している組織や参加者の所属する組織に関係なく話し合いができることのみです!!
 詳細の問い合わせ、もしくは参加希望の場合は、northforestmeeting *gmai.comまでお気軽にどうぞ。(お手数ですが、送信の場合はアドレスの*を@に変えて下さい。)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第4回NFM開催結果報告
平成24年10月20日に、第4回NFMを開催しました。

今回のテーマは、「天然更新施業~掻き起こしの可能性」です。

伐採後、もしくは未立木地で更新を計画した場合、通常ならば苗木の「植込」を行いますが
苗木は造林の経費的に大きな部分を占めます。
コスト削減を考えるならば、初めからそこにある天然木の種子散布による天然更新に頼れば苗木代が必要ないわけですが、
道北地方には、ネマガリダケが林床に優先する場合が多く、せっかく種子から発芽した未生もネマガリに負けて消失していまうケースが多々あります。

しかし、北海道大学森林圏ステーション雨竜研究林では、
林床を覆うササを重機で取り除く「掻起こし」を実施する際に適度に上木を配置させ、
樹冠の下を掻起こす「樹冠下掻起し」や、ササと表土を取り除いた後に土壌の栄養分を還元するために施行地へ戻す「表土戻し」等のを実践し、
ネマガリダケに負けない天然更新を模索しているということで、その施業地を見学させてもらいました。

①表土戻し

IMG_4438-s.jpg
ササが優占する未立木地を平成16年にブルドーザーで表土を押し、
押した表土を1カ月間堆積して生育していた植生を枯死させた後に表土を戻した結果、
ダケカンバ主体の林地となったとのことです。

表土戻しを実施するポイントとしては、

  ・表土を剥ぐ際の厚さは10cm程度。
  ・施業の対象となる箇所は、重機が動くことができるくらいの穴以上。
  ・手間は、通常の掻起こしを実施する際の1.5倍程度。

見学した感想は

  ・ダケカバの成長の良さに驚いた。
  ・林床にそれほどササの植生が回復していなかった。

今後は、表土戻しを実施した際に多様な林相へ誘導するために播種することも考えているとの事でした。


②樹冠下地掻

ミズナラの場合、稚樹は樹冠の縁の方が活着が良く成長も良いとの事です。
そこで、平成18年にミズナラの樹冠の下をブルドーザーの排土板で地拵した結果を見学しました。
IMG_4504-s.jpg

IMG_4515-s.jpg

樹冠下地掻を実施する際のポイントは
  
  ・母樹に重機が寄りすぎると根を傷つけてしまうため、注意が必要。
  ・更新は母樹の豊凶に左右されるので、タイミングが難しい。


③ミズナラ種子の播種後造林地

平成16年に、レーキドーサで地拵した箇所へ157.2kg/haのミズナラ種子を播種した造林地です。
更新の目安としている調査方法を実際に実施する予定でしたが、落雷があまりにひどかったので早々に退散しました。

IMG_4501-s.jpg

雨竜演習林では、更新の目安を調べる調査として
造林地内で5mごとに1.5mの円形プロットを設定し、その中に生育している全個体の高さを測量しているとのことです。


④ミズナラ保存林

450m3/haの蓄積をほこるミズナラの天然林。
なぜ、このような高蓄積のミズナラ林が成林したのかは、謎とのことでした。

IMG_4449-s.jpg



次回、第5回NFMは平成25年2月末くらいにGPSとGISに焦点をあてて実施予定です。
スポンサーサイト


開催結果 | 22:11:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。